日本語入力

2010年8月 1日 (日)

日本語の入力について6

前回までで一通り日本語の入力法、特にかな入力について解説してきましたが、今回は私個人の入力法について説明したいと思います。
まずは、私が日本語入力にこだわりを持つにいたった経緯ですが、最初はそんなに「配列」にはこだわっていませんでした。というのも自分が不満を持ったのは「配列」ではなく「変換」だったからです。
英文と違って日本語の文章をタイピングするには必ず「変換」が必要です。
例えば

"go to high school"

という英語と

"高校へ行く"

という日本語の語句を比べてみると、英語の場合は(タッチタイピングができると)画面を全く見ずに入力することができます。しかし日本語の場合は画面を見ずに入力しても"高校へ行く"という語句が入力できるとは限りません。
QWERTYローマ字ではこの語句は

koukouheiku

とタイプしますがその後に「スペース」キーや「変換」キーを押してかな漢字変換を行います。上記のような語句なら一発で変換に成功する可能性が高いですが、「こうこう」という熟語は「高校」以外にも「航行」や「後攻」などたくさんの候補があります。
「行く」についても「逝く」や「異句」などいくつもの誤変換の可能性があります。
そこで私が挑戦したのは「漢字直接入力」いわゆる「漢直」というものです。
漢直というのは文字通りかな漢字を行わず、直接漢字を入力します。
漢直にもいくつもの種類がありますが、T-Codeというものを例にとってみると、上記の「高校へ行く」という語句は

og.k;;hzjt

とタイプすれば入力できます。スペースや変換キーで変換を行う必要はありません。
「og」とタイプすればいきなり「高」と、「.k」と入力すればいきなり「校」と入力できます。ここではこれ以上漢直については解説しませんが、最初はこの漢直といわれる入力法を練習しました。(ちなみに私が練習したのはTUT-Codeいうものです)
実際に漢字を1000字ほど覚えましたが、それでも打てない漢字も多く、また使わない漢字は忘れていってしまうことから次第にストレスがたまり始めました。
変換のストレスを解消するために漢直を始めたのに違うストレスに悩まされるのでは意味がありません。結果、元のQWERTYローマ字によるかな漢字変換に戻りました。ただ、漢直を通じていろんな日本語入力法があり、かな漢字変換を使う場合でもいろいろな選択肢があることを知りました。
そして「とりあえず」という感じで「月配列」を練習し始めました。配列のバランスがよさそうなのと「前置中指シフト」というものに新鮮さを感じたからです。それなりに打てるようになると「もっといい配列はないか」と考えるようになりました。そしてたどりついたのが「TRON配列」でした。
TRON配列を選択した理由はいくつもあるのですが、一番の決め手は自分が使っているキーボードが「KINESIS Contouredキーボード」だからでした。(キーボードについてはまた別のテーマで書きたいと思います)
個人的にはTRON配列はTRONキーボードでこそ、その真価を発揮すると思っています。そしてKINESISキーボードは市販されているキーボードのなかで最もTRONキーボードに近いキーボードだと確信しています。現在「TRONキーボード」と名の付くものはμTRONキーボードがありますが、KINISISキーボードに比べるとTRONキーボードには程遠いものだと思います。
つまり、自分の使っているKINESISキーボードのポテンシャルを最も引き出してくれる配列はTRON配列なのではないかと考えたわけです。KINESISキーボードは親指にも押しやすいキーが配置されているので、オリジナルのTRON配列どおり親指シフトで入力できるようDvorakJというソフトを使って練習を始めました。(DvorakJの作者さんに感謝)
1ヶ月もすれば自由に入力できるようになりましたが、不満がないわけではありません。半濁音が1打で入力できないからです。
そこでTRON配列をカスタマイズしようと思いました。いっそのこと親指シフトもやめて下駄配列のように文字キー同時打鍵にしてはと考えました。
本来親指シフトなので、「同手シフト」と「クロスシフト」の2つのシフトがあるわけですが、同手シフトを中指シフトでクロスシフトを薬指シフトにしました。(これは下駄配列と同じです)
何度かの試行錯誤を繰り返して行き着いた配列は以下のようになりました。

シフトなし
Tron

同手シフト
Tron_shift

クロスシフト
Tron_cross_shift

シフトなしはオリジナルのTRON配列から変更はありません。
同手シフトは「D」の位置の「ゅ」をクロスシフトに、「L」の位置の「み」を「.」の位置の「゜」(半濁点)に移動させただけです。
そしてクロスシフトですが、ここは変更が多いのでオリジナルと比べてみましょう。
オリジナルのクロスシフトは次のようになっています。

Tron_origin

これらのうち、「ヵヶゐゑ,.゛」の7つは自分はまず入力することがないので削除することにしました。(どうしても入力したいときは変換を使って入力することができますし)
そして「ヵ」の位置に同手シフトから「ゅ」を持って行き、「ヶ」の位置に元々「S」キーの位置にあった「ど」を移動しました。
「.ゑ゛,」の位置に「ぱぴぷぽ」を置き、元々空いていた「O」の位置に「ぺ」を置いて半濁音を全て1アクションで入力できるようにしました。また、元々ゐのあった位置に「ゎ」を移動し、元の「ゎ」の位置には「ヴ」を置きました。
自分にとってめったに入力しない「ゎ」は少し打ちにくい「P」のキーへ移動したわけです。
それと、現在は下駄配列で採用されている拗音シフトをそっくりそのまま使わせてもらってます。
ちなみに、バックスペースやカギ括弧(「」)などはKINESISキーボードは元から打ちやすい位置にあるため、特に配列内に組み込んでいません。
以上が、私が現在使っている配列についての説明です。
KINESISキーボード以外を使っている人にはあまり薦められませんが、何かの参考になれば幸いです。

2010年7月25日 (日)

日本語の入力について5

前回、中指シフトについて解説しました。
そしてその欠点として「文字によって打鍵数が異なる」ということも指摘しました。(例えば花配列では「き」は1打鍵ですが「ぴ」は4打鍵必要です)
中指シフトの代表として花配列や月配列を考えていたのでこのような言い方になりましたが、実はこの言い方は正確ではありません。
本当は「前置シフトは文字によって打鍵数が異なる」というのが正しい言い方です。
今回はその欠点を解消している「同時打鍵」について解説したいと思います。
「同時打鍵」については大きく2つに分類することができます。

・親指シフト…NICOLA、小梅、飛鳥
・文字キー同時打鍵…下駄、中指同時シフトTRON(現在私が使用中)

ここでは親指シフトについては解説しませんが、文字キーの単打や文字キーと親指シフトキーの同時打鍵によって全ての文字を1アクションで入力します。2つのキーを同時に打鍵しているだけで正確には「1打鍵」ではありませんが、1回の動作で(濁音や半濁音を含めた)全ての文字を入力できます。
「文字キー同時打鍵」は親指シフトでの「親指シフトキー」が「文字キー」になるだけです。
具体例として下駄配列で説明してみましょう。
下駄配列では(シフトを使わず)文字キーの単打では以下の文字が入力できます。
(「BS」はバックスペースのことです)

Geta_tanda_2

そして、ホームポジションの中指キー「D」「K」と同時に文字キーを打鍵すると以下の文字が入力できます。

Geta_seishift

例えば、「K」と「A」を同時打鍵すると「ろ」が入力できるということです。
また、前回解説した中指シフト同様右側の文字を入力するときには「D」、左側の文字を入力するときには「K」を同時打鍵します。これを「クロスシフト」と言い、それに対して右側の文字を入力するのに右手でシフトキーを打鍵することを「同手シフト」と言ったりします。
さらに、下駄配列ではホームポジションの薬指キー「S」「L」もシフトキーとして使い、同時に打鍵することで以下の文字が入力できます。

Geta_dakushift

実は下駄配列は上記以外にたくさんの文字キーをシフトキーとして使うことで、「一文字」だけでなく拗音や記号も同時打鍵で入力でき、1拍で発音するものはほとんど1アクションで入力することができます。ここでは解説しませんが、下駄配列をさらに拡張して「たとえば、」や「でした」などのフレーズを1アクションで入力できるようにした「黒塗り下駄配列」や「黒塗り桐下駄配列」などもあります。

ざっと文字キー同時打鍵シフトについて解説しましたが、前置シフトと違い文字によって打鍵数が変わらないことが理解いただけたでしょうか?
しかしこの文字キー同時打鍵も欠点がないわけではありません。それは「ロールオーバー入力ができない」ということです。正確には同時打鍵がロールオーバー入力なので、単打でロールオーバー入力すると同時打鍵の文字が入力されてしまうということです。
例えば、下駄配列では「いか」と入力するには「K」「S」と打鍵します。この時、「K」のキーを押して離してから「S」を打鍵したら問題ないのですが、「K」のキーを離す前(まだ押し下げている状態)に「S」のキーを押してしまうと「K」と「S」の同時打鍵の「れ」が入力されてしまうのです。ローマ字入力などで高速にタイプする人は多くの人がこの「ロールオーバー入力」をしているので、文字キー同時打鍵シフトで高速に入力すると意図しない文字を入力してしまう人もいると思います。もちろん、高速で入力してもロールオーバーしないようにタイプすればこの問題は解決できると思います。

今回までで、いろんな日本語の入力について解説してきましたが、次回は漢直といわれる入力法と私個人の入力法について簡単に説明して、「日本語の入力について」というテーマを締めくくりたいと思います。

2010年7月18日 (日)

日本語の入力について4

前回までで、主なかな入力についてまとめてみましたが、今回は「中指シフト」について解説したいと思います。
そもそも(ローマ字入力でなく)かな入力をするには最低でも50以上のキーが必要です。
50音(実際には46音)に濁点・半濁点、読点・句読点。これだけで50になりますが、さらに長音記号(ー)や促音・捨て仮名(っぁぃぅぇぉゃゅょ)、カギ括弧(「」)などを考えると60以上必要になってきます。
ところが私たちが普段使うキーボードは、キーの数こそ100程度ありますが文字キーは50もありません。JISかな配列では、50音から「を」を省いた45文字に、長音記号、濁点・半濁点を足した48文字をシフトを使わないで打てるようにし、「を」と促音・捨て仮名、カギ括弧、読点・句読点、中黒(・)の15文字をシフトキーを使って入力できるようにしています。つまり、全部で63のキーが必要なところを、48個はシフトを使わず、15個はシフトを使って入力するようにしているのです。
英語では小文字を大文字に変換するためや記号を入力するために使うシフトキーですが、かな入力ではシフトなしでは入力しきれない文字を入力するために使います。
そのようにして少ないキーでかな入力を実現したJISかな配列ですが、いくつもの欠点があります。

・配列があまり効率的でない
・シフトキーのため、小指に負担がかかる
・数字キーの段(最上段)も使う

大きくはこの3つでしょうか。
配列が効率的でないというのは、日本語を入力するときの頻度を考えるとあまりいいバランスでないということです。
ここでいうバランスというのは、左右の打鍵のバランスと各指のバランスです。左右のバランスというのは右手と左手の打鍵が同じくらい、あるいは少し右が多いくらいがよいバランスとされています。(右利きの場合)
各指のバランスは、人差し指>中指>薬指>小指、または人差し指>中指>小指>薬指という順に打鍵数が多くなるようなことです。
そして数字キーもかなの入力に使うということは、かな入力中に数字の入力ができず、さらに最上段のためホームポジションから遠くなり打鍵しづらいということになります。
これらの欠点を改良したのが新JISかな配列だといえるですが、それでもシフトキーを多用するため小指に負担がかかるという欠点は残っています。
新JIS配列の考案ではシフトキーは小指シフトだけでなくセンターシフトも考えられていましたが、実際には(物理的な制約上)小指でシフトキーを使う実装が多かったようです。
「かな入力では入力文字が多いためシフトキーを使わないといけない」という課題のため、どうしても小指の負担が大きくなってしまいます。そこで、この課題をクリアしつつ小指の負担を減らすたに考案されたのが「中指シフト」です。(親指シフトもその点では同じ条件をみたしています)
ちなみに中指シフトは冨樫雅文さんという方が花配列のために考案された方法なので、中指シフトについて花配列で解説してみましょう。

まず、キーボードの確認です。皆さんが使われているキーボードを以下のようにあらわします。

Key_2

花配列ではで「D」と「K」以外のキーを打鍵すると以下の文字が入力できます。

Hana

つまり、「A」のキーを打つと「す」の文字が、「S」「L」と打つと「か」「゛」で「が」が入力できるというわけです。
そして☆のきーである「D」「K」を打鍵すると、次に打つキーによって以下の文字が入力できます。

Hana_shift

例えば、「D」を打った後に「J」を打つと「ふ」が入力できます。ここでポイントとなるのは左の☆「D」を打った後には右側の文字が、右の☆「K」を打った後には左側の文字が入力できるということです。「ひ」や「け」を入力するには「K」を、「ま」や「そ」を入力するには「D」を打鍵すればいいということです。これで(濁点や半濁点も1文字と数えた場合)全ての文字を1打鍵または2打鍵で入力することができます。
この方法のメリットは、JISかなのように弱い小指に負担がかからず、強い中指の打鍵が増えるということです。人差し指は元々他の指より担当するキーが多いためシフトキーには中指が最も適していると言えるでしょう。

ただ、(どんな配列でもそうですが)中指シフトにも欠点がないわけではありません。例えば、花配列では「ぴゃ」や「ぴゅ」はそれぞれ「KQKGDY」「KQKGKD」と6打鍵もかかってしまいます。QWERTYローマ字でそれぞれ「PYA」「PYU」と打鍵するのに比べるとどうしてもまどろっこしい感じがしてしまいます。

そこで次回はこの欠点を解消している「文字キー同時打鍵」特に「下駄配列」と名付けられた配列について解説したいと思います。

2010年7月10日 (土)

日本語の入力について3

前回までで、メジャーな日本語の入力法を3つと少しマイナーな入力法を4つ紹介しました。
それらを大きく分類すると。

ローマ字入力
 ・QWERTYローマ字
 ・AZIK

かな入力
 ・JISかな
 ・NICOLA
 ・新JISかな
 ・花
 ・月

というふうになります。
今回は上記でいう「かな入力」について総括的に分類し、前回触れた「中指シフト」について解説したいと思います。
ちなみに、ローマ字入力についてはさらに拡大した「行段系」という分類がありますが、今回は触れません。
それでは「かな入力」についてですが、分類の仕方はズバリ「シフトの方法」です。
まずみなさんがご存知の「小指シフト」
これは普通にシフトキーを押して行うシフトです。
次に「親指シフト」
これは基本は専用のキーボードを使うのですが、普通のキーボードを使っている人もいます。
その場合は変換キーや無変換キーをシフトキーに割り当てる人が多いみたいです。
また、SandSと言われる、スペースキーをシフトキーにする人もいます。
これは意見の分かれるところだと思いますが、親指を使うので親指シフトに分類してもいいかもしれません。
最後に「中指シフト」
これは基本的にはホームポジションの中指のキー、つまりQWERTY配列の場合「D」と「K」のキーをシフトとして使います。

大きくは上記の分類でいいのですが、これらの方法とは別にシフトの分類として以下のようなものがあります。

・通常シフト…普通のシフトキーの押しかた。まずシフトキーを押し、シフトキーは押しっぱなしにして他のキーを押し、それらのキーを離します。
・前置(プレフィックス)シフト…特に中指シフトで使われる方法で、まずシフトキーを押し、そのシフトキーを離してから他のキーを押します。
・同時シフト…特に親指シフトで使われる方法で、シフトキーと他のキーを同時に打鍵します。

以前紹介したものやそれら以外のものを分類してみると以下のようになります。
(それぞれの配列について解説はしませんので、興味のある方はぜひ調べてみてください。)

小指シフト
 通常シフト…JISかな、新JISかな、ナラコード
親指シフト
 前置シフト…TRON
 同時シフト…NICOLA、小梅、飛鳥
中指シフト
 前置シフト…花、月
 同時シフト…下駄

補足1:TRON配列は前置シフトに分類しましたが、元は同時シフトも前置シフトも可能なようです。
補足2:月配列は派生が多く中指だけでなく薬指もシフトとして使う配列もあります。
補足3:下駄配列は中指だけでなく、多くのキーをシフトキーとして使います。

では、中指シフトについてですが、なんか長くなってしまったので次回に繰り越そうと思います。

2010年7月 4日 (日)

日本語の入力について2

前回、メジャーな入力方法を3つ紹介しました。
今回はそれらに比べマイナーな入力方法を紹介しようと思います。といっても、日本語入力の方法はかなりの数があり、それら全てを紹介することはできません。ここでひたすら入力方法を並べられても読む方が苦痛というものでしょう。
なので、マイナーな入力方法のなかでも幾分メジャーなものに絞って解説していきます。といっても「幾分メジャー」の定義は僕の独断と偏見です。
ちなみに前回紹介した3つは、

QWERTYローマ字、JISかな…JIS規格
NICOLA(親指シフト)…富士通(親指シフト)、日本語入力コンソーシアム(NICOLA)

と、団体・業界が発表したものです。(性格にはQWETYローマ字はJISで考案されたわけではありません)
ところが、配列に関していうと個人が考えたものの方がはるかに数が多いです。もちろん配列を考案する「元ネタ」として、QWERTYやNICOLAを使ったりしている例は多いでしょう。このことを念頭に置いて、メジャー三人衆以外の配列をいくつか紹介します。

「AZIK」
 ローマ字入力を拡張したもの。普段QWERTYローマ字で入力している人が他の配列に移行するには最も負担が少ない。個人が考案・発表をしている。「っ(小さい「つ」)」や「ー(長音)」などを入力しやすくしたり、「ann、inn、unn、enn、onn、ai、uu、ei、ou」などを入力するためのキーがある。例えば、「警官」と入力したいとき、QWERTYローマ字だと[keikann]となるのに対し、AZIKでは[kwkz]となる。[w]が[ei]、[z]が[ann]を入力できるキーとなっているからだ。もちろん[keikann]と入力してもOKなので、QWERTYローマ字を習得している場合少しずつ覚えていくことができる。

「新JISかな」
 これもJIS規格だが、JISかなが数字キーの段も文字入力に使う「4段使用」に対して文字キー部分のみの「3段使用」のかな配列。膨大な量の資料を使い、頻度の高い文字を打ちやすい位置に、またなるべく左右の手が交互にキーを打つように、同じ手が連続する場合も同じ指が連続しないように設計されている。しかし後に「使用実態がないため」という理由で廃止された。後の多くの配列に影響を与えた。

「花」
 個人が考案・発表したかな配列。かな配列はその性質とキーボードのキーの数の制限のため全ての文字を1打鍵で入力することができない。それで「シフトキー」を使う必要がある。しかし花配列はその「シフトキー」の代わりに「中指前置シフト」という仕組みを使うことで、(あまり強くない)小指を使わずにシフトを実現した。(中指前置シフトについては次回詳しく取り上げたい)

「月」
 巨大掲示板、2chで考案されたかな配列。「新JISかな」を元に「花」で採用されている中指前置シフトを取りこんでいる。かな入力のスレッドで何人もの人が考察・検証を行い完成されたもの。後発の強みとして「新JISかな」と「花」のイイトコドリをした感じ。

ざっと3つほど取り上げてみましたが、次回は「かな入力」について大きくまとめてみるのと「中指前置シフト」について解説をしてみたいと思います。

2010年6月28日 (月)

日本語の入力について1

たぶん長くなりそうなので、何回かに分けます。

僕は家のパソコンで日本語を入力するのに「TRON配列を中指シフトにカスタマイズしたもの」を使っています。
・・・といきなり言われてもほとんどの人は何のことかわからないですよね。
今回はとりあえず、僕の入力法のことは置いておいて一般的な入力法についてザッと説明します。
多くの人が日本語入力に「QWERTYローマ字」を使っています。
「何それ?」って人はまず間違いなく「QWERTYローマ字」です。
「ローマ字で入力はしてるけど『QWERTY』って?」という人は自分のキーボードを見てください。「Q」のキーから右に向かって「QWERTY」って並んでますよね。そういうふうに並んでるのが「QWERTYキーボード」です。
「QWERTY以外のキーボードってあるの?」
もちろんあります。有名なのは「DVORAK」というキーボードです。「DVORAK」といってもQWERTYのようにキーが「DVORAK」という順に並んでいるわけではなく、DVORAKという人が考えた配列だからです。
ただ、QWERTYやDVORAKの話は英語の話なので、今回はこれ以上触れません。また機会があれば紹介したいと思います。

そして世の中にはローマ字以外で入力している人もいます。おそらくその中で最も多いのは「JISかなでの入力」です。もし使っているキーボードが「日本語キーボード」ならアルファベットの下か横のへんにひらがなが刻印されていると思います。そのひらがなが「JISかな配列」です。

あともう一つ、割と一般的な入力法として「親指シフト」があります。年配の方に使用者が多いイメージがします。基本的には「親指シフト専用キーボード」を使っての入力になりますが、普通のキーボードでも使ったりしている人もいます。現在は改良が加えられてNICOLAという配列になっています。

ここまででも3つの入力法(配列)が出てきましたが、これら3つについては詳しく解説しません。知ってる人も多いでしょうし、まだメジャーなほうなのでインターネット等に情報はいくらでもあるからです。

次回はこれら以外の若干マイナーな入力法(配列)を紹介します。あわせてなぜそのような新たな配列が必要なのかにも触れていきたいと思います。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック