趣味

2011年7月18日 (月)

アプローチシューズ

先日、「アプローチシューズ」なるものを買いました。
後に解説しますが、私が買ったものは本格的なアプローチシューズではなく、分類としてはアプローチシューズに入るが、タウンユースを意識した(悪く言えば)「アプローチシューズもどき」です。

アプローチシューズは本来、クライミングをする時にその岩までたどり着く(アプローチする)ための靴です。
そして、クライミングをする時は「クライミングシューズ」に履き替えます。
クライミングを行う場所までにも岩場を歩く必要があるため、岩に対して滑らないような工夫を施しているものが多いです。
この説明を読んで、クライミングをしない人なら
「最初からクライミングするときの靴を履いてそこまで行けばいいじゃん」
と思うかもしれませんが、クライミングシューズというのは非常にタイトで、足の指も曲げたまま履くものが普通で、「歩く」のに適していません。
実際、私なら10mも歩いたら苦痛で顔が歪みます。
それで、実際にクライミングする場所まで歩くための靴としてアプローチシューズがあるわけです。

クライミングシューズの特徴と類似して、つま先や踵の部分が滑らないようにしているものがほとんどです。
また、一般的な登山靴が、底が厚くつま先に余裕を持たせるようになっているのに対し、アプローチシューズは靴底が薄くつま先がタイト目に作られているものが多いです。
これは、登山の場合、石などによる地面のデコボコを感じると疲労しやすくなり、下山の時つま先部分がタイトだと同じく足が疲れやすくなるためです。
一方、岩場では岩の突起を感じる必要があり、つま先で突起に乗ることも多いので、靴底の感覚が伝わるように薄めの底で、シビアな突起にも乗りやすいようにつま先をタイトにしているのです。

登山靴とクライミングシューズの間とも言えるアプローチシューズですが、実際には中途半端な位置づけのため、あまり品揃えは豊富でなくアウトドアショップでも片隅に追いやられている感があります。

そんな肩身の狭いアプローチシューズですが、私の買ったのはSCARPAのモジトというものです。
Img_2749

私はこの靴を「アプローチ」に使うつもりはなく、普通に街で履くつもりです。
なのでアプローチシューズっぽくないカジュアルなデザインのこの靴を選びました。

タウンユースならわざわざアプローチシューズを買う必要はないのですが、近所の公園に(子供用ですが)クライミングの遊具があるのでそこで使ってみたいのと、軽いトレッキング程度ならできるような靴がほしかったのです。

まだこの靴を履いて外に出ていませんが、今度の休日にでも履いて出かけようと思います。

2011年3月21日 (月)

シャープペンシルの周り

前回、愛用しているシャープペンシルとしてコクヨの「フィットカーブ」について述べましたが、今回は主役のシャープペンシルを引き立てる脇役達について書きたいと思います。
まずはこれがないとシャープペンシルの意味がない「芯」についてです。
私が現在一番つかっているシャープペンシルの芯はぺんてるの「HI・POLYMER FOR PRO」です。
Img_2213

仕事場では三菱の「Hi-Uni」を使っていますが、字だけでなく図やグラフなども書いたりする家では「HI・POLYMER FOR PRO」を使っています。
シャープペンシルの芯も色々使ってみましたが、今のところこの「HI・POLYMER FOR PRO」が安定していて最高の芯だと思っています。

次に必要なもの。当然消しゴムです。
一字程度を消すなら前回書いたように、フィットカーブについている消しゴムで十分です。
しかし「きちんと」消したい場合にはやはり専用の道具、つまり消しゴムが必要になってきます。
私が色々試した結果、一番だと思う消しゴムは「フォームイレーザー」です。
Img_2221

写真は買いだめしている新品のものです。
これはサクラクレパスが出しているラビットのフォームイレーザーWというシリーズのもので、調べてみたところ中身が同じで違う名前の製品がたくさんあるようです。
(PILOTのFORM ERASERや小学生学習字消しなど)
この消しゴムは、ゴシゴシこすらなくてもよく字が消えて、消しくずもまとまりがいいです。

消しくずといえば、最後にちょっとした道具を。
Img_2222

これは消しくずを集めたり掃いたりする羽です。
必ず必要かというとそうでもないのですが、やはり手ではらうのとは全然違います。
よく消しゴムを使うのであれば持っていて損はない道具でしょう。

2011年3月13日 (日)

フィットカーブ

今回は自分が愛用しているシャープペンシルについて書きたいと思います。

正直言って、私は文房具が好きです。
特に好きなのはノートなんですが、シャープペンシル、ボールペン、消しゴムなんかも好きです。
その中でも一番よく使うのはシャープペンシルです。
きちんとした書類なんかは当然、油性ボールペンを使いますが、勉強などをするときはシャープペンシルを使います。
実際今まで、いろんなシャープペンシルを使ってきましたが、私が現在使用しているシャープペンシルはコクヨの「フィットカーブ」というものです。

Img_2209

はっきり言ってこのシャープペンシル、書き心地が抜群です。
この世の全てのシャープペンシルを使ったわけではないので断言はできませんが、今あるシャープペンシルで一番の書き心地ではないでしょうか。
人間工学を謳ってるのに重すぎて疲れるものもありますが、このフィットカーブは程よい重さ、程よい太さで長時間書いても疲れにくいです。
この書き心地の良さに比べたらおまけみたいなものですが、他にも細かな「こだわり」がいくつもあります。

・消しゴムが実用的
シャープペンシルのお尻に消しゴムがついているのは昔からよくありますが、あまり消えなかったり、小さすぎて使いにくかったりしてました。
このフィットカーブはリップを出すようにお尻部分を回すと使いやすい太さの良く消える消しゴムが出てきます。
Img_2212

ほんのちょっと書き間違えた時はこれで十分です。
(ちなみにフィットカーブ用の「替え消しゴム」もあります)

・芯が残り1ミリまで使える
普通のシャープペンシルは芯が1センチくらいになると使えなくなるんですが、フィットカーブは残り1ミリ程度まで使い切ることができます。
これはケチ臭い話とかではなくて、1ミリ程度の芯だとゴミとして扱いやすいということでもあります。
個人的な感覚にもよりますが、私の場合使えなくなった1センチ程度の芯は「ゴミとしてやっかい」と思ってしまいます。
それが1ミリくらいの芯だと消しゴムのカスと同じ感覚のゴミとして扱える感じです。

・芯が入れやすい
なんだそれと思われるかもしれませんが、この快感は使った人しかわからないかもしれません。
私の場合は5~6本程度の芯をバッと入れますが、慣れれば目をつむっても一度に入れれそうです。
それくらい芯の入れ口が広いです。
実際に芯が入ってるところは細いのですが漏斗のように広い入れ口から細い所に芯が流れるため、気にせずバッと入れることができます。

・値段が安い
300円です。(消費税込みで315円)
どんなにいいシャープペンシルでも気軽に買えないくらい高いものは要りません。
所詮シャープペンシルなんですから。

色々とフィットカーブの良いところを書きましたが、実は致命的な欠点が一つあります。
それは

店頭ではめったに売っていない

ということです。
全国的にかどうかはわかりませんが、私の住んでるところではほとんど壊滅状態でした。
1件だけ最後の1本が売ってるところもあったのですが、非常に汚れていて、店員さんが汚れを一生懸命消しゴムでとろうとしていたので「もういいです」と購入を断念しました。
送料さえ気にならないのなら、ネットで簡単に手に入ります。

疲れない、書き心地のいいシャープペンシルを探している人はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

2010年9月26日 (日)

マイダーツは社会人のたしなみ

皆さんは「ダーツ」をしたことがあるでしょうか?

「矢を的に向かって投げる」という程度のことは誰でも知っていると思いますが、実際にプレーしたとこがあるという人はどのくらいいるのでしょう?
そもそも「ダーツってどこでするの?」という人もいると思います。
ダーツができる場所は意外と多いのですが、まずその前に、ダーツには「ハードダーツ」と「ソフトダーツ(デジタルダーツ)」の2つがあることを知ってください。
大きな違いは

ハードダーツ
・矢の先端が鉄製
・的(ボード)の大きさが13.2インチ
・的までの距離が237センチ

ソフトダーツ
・矢の先端がプラスチック
・的(ボード)の大きさが15.5インチ
・的までの距離が244センチ

というところでしょうか。
そして最も大きな違いは、「ソフトダーツはマシンを使う」ということです。
ゲームセンターのゲーム機のようにお金を入れて、ゲームを始めます。そしてそのようなダーツマシンは「ダーツバー」と呼ばれるバーや、最近ではゲームセンター、ボーリング場にもよく置いています。

実際にソフトダーツの矢を見てみましょう。

Img_1444_png_2

これは自分が持っているダーツの一つで「匠ダーツ」という種類のものです。
このように、ダーツは「3本で1セット」となっています。
勘違いしないでいただきたいのですが、別にマイダーツを持っていなくても多くの場所でダーツをすることができます。
ダーツバーでは普通、「ハウスダーツ」と呼ばれる廉価なダーツを用意してくれています。
なので、ダーツバーにちょこちょこ行く人でもマイダーツを持っていない人もいます。
マイダーツを見せると中には「マイダーツなんか持ってるの!? すごいな!」と驚く人もいますが、そういう人には決まって「マイダーツを持つことは社会人としてのたしなみですよ」と言うことにしてます。真剣にそう思っているわけではないのですが、「別に驚くほどのことではないよ」と揶揄するようにそう言っています。
ちなみに私は一時期ダーツを集めるのに凝っていまして、結構な数のダーツを持っています。(たぶん20セット以上)

Img_1445_png

 

これは初期の頃に集めた、ユニコーンというメーカのダーツや、「侍ダーツ」という種類のものなんかです。
あまり使っていないため、扱いが雑です。

Img_1446_png

これは、今メインで使っているRaven Style-Dです。
ところで、この写真や最初の写真ではいわゆる「ダーツ」の形をしているのに、2番目の写真の木箱に入っているものは芋虫みたいな鉄の棒だけですよね。
実はダーツはいくつかのパーツにわかれています。

Img_1453_png

これはダーツを分解したところです。
ちなみに「分解」といっても特別な道具はいりません。手でくるくる回せばはずれます。
各パーツは右から

フライト
羽のようなもの。いろいろな形や絵柄のものがあります。
シャフト
上の写真では白いナイロン製ですが、いろんな材質・長さ・色柄のものがあります。
バレル
たいていはタングステンの合金で、ブラス製のものもあります。様々な長さ太さ形があって、矢で最も重要とされている部分です。
チップ
バレルの先に付ける物で、的に直接刺さる部分です。消耗しやすいので、たくさん用意しておくのがいいものです。ハードダーツでは鉄製で、バレルからはずすことはできません。

上の写真のシャフトで指輪のようなものが付いていますがこれはフライトが取れにくくするためのものです。
さらに、チップにもいろんな色のものがありますが、上の写真では白いのと黒いのを載せています。実はこの2つのチップ、決定的な違いがあります。
それは「ネジが逆」ということです。
よく見ていただくと、白いほうはオスネジ、黒いほうはメスネジになっています。もちろん、白いメスネジや黒いオスネジのチップもあります。
これは、バレルがオスネジかメスネジかによって使い分ける必要があります。
ソフトダーツのほとんどのバレルはメスネジになっているため、チップはオスネジが一般的です。自分は前重心にこだわってオスネジのバレルを使っているため、メスネジのチップを使っています。

最後に、自分のグリップですが

Img_1451_png

 

このように4本指で握りこむように持っています。
かなり深く指をかけているので、バレルに強いカットがあるとよく指に引っかかって投げ損じてしまいます。なので、Style-Dのような浅いカットのバレルが好みです。

<余談>
最初、今回の記事は前回の闘劇の続きでストⅡについて熱く語ろうと思っていたのですが、ブログに写真を載せてみたくなったので急遽テーマを変えました。
想像では、日本人の9割はストⅡファンのはずなので、がっかりする人が多いことに申し訳なく思っています。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック