« プロテイン1 | トップページ | LET'S TRY AGAIN »

2011年5月29日 (日)

プロテイン2

人間の体の70%ほどは水分でできていると言われています。
そして次に多い成分がたんぱく質で、個人差はありますが20%ほどと言われています。
筋肉や内臓はもちろん、皮膚や髪の毛、爪や骨も構成要素としてたんぱく質が含まれています。
人間の体をつくっているたんぱく質は10万種以上にもなると言われていますが、そのたんぱく質はたった20種類のアミノ酸が組み合わさってでできています。
そのアミノ酸の中で、体内で生成できないものがいくつかあります。
それらが「必須アミノ酸」とよばれるものです。
そしてその必須アミノ酸のなかで筋肉をつくるための主成分となるのが「BCAA」というものです。
「BCAA」とは「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」という3種類のアミノ酸の総称のことですが、これらの分子構造が枝分かれした構造を持っているため「分岐鎖アミノ酸(Branched Chain Amino Acids)」と名付けられています。
「BCAA」はその頭文字をとっているんですね。
筋肉のためのサプリメントとしてアミノ酸を摂る場合はこのBCAAが含まれているものがいいと思います。

次に必須アミノ酸ではないですが、筋肉をつくるために欠かせないアミノ酸として「グルタミン」について述べたいと思います。
「グルタミン」は筋肉を構成するアミノ酸の60%を占めていると言われています。
つまり、筋肉には最も欠かせないアミノ酸なわけです。
しかもこのグルタミンというアミノ酸、免疫力を高め風邪などをひきにくくするとも言われています。
実際、グルタミンは病気や怪我などで体にストレスがかかると筋肉中のグルタミンが修復や治癒のために血液中や損傷部に送り込まれます。
その場合、体内で生成するグルタミンだけでは不足してしまい、筋肉が減少することが考えられます。
たとえ怪我や病気をしていなくても、筋肉を酷使すると体はストレスを感じ、グルタミンを消費します。
(その結果免疫力が低下することもありえます)
ということで、筋トレなどをしたらグルタミンを補給することが筋肉を衰えさせないために効果的だと言えます。
また、このグルタミン、単にプロテインだけでは補充することができません。
なのでプロテインを飲んでいる場合でも、別でグルタミンを摂取するのが好ましいと思います。

最後に「ペプチド」について簡単に説明します。
前回の記事でアミノ酸がたくさん結びついたものがプロテインだと述べました。
ペプチドはその中間、つまり数個のアミノ酸が結びついたものです。
アミノ酸はプロテインに比べ高価だとも書きましたが、ペプチドはアミノ酸に比べて廉価であり、消化吸収も良いためお得な製品と言えます。
サプリメントを選ぶときは、ペプチドにも注目しておいたほうがいいでしょう。

« プロテイン1 | トップページ | LET'S TRY AGAIN »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384883/40184095

この記事へのトラックバック一覧です: プロテイン2:

« プロテイン1 | トップページ | LET'S TRY AGAIN »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック