« フィットカーブ | トップページ | ストライダー »

2011年3月21日 (月)

シャープペンシルの周り

前回、愛用しているシャープペンシルとしてコクヨの「フィットカーブ」について述べましたが、今回は主役のシャープペンシルを引き立てる脇役達について書きたいと思います。
まずはこれがないとシャープペンシルの意味がない「芯」についてです。
私が現在一番つかっているシャープペンシルの芯はぺんてるの「HI・POLYMER FOR PRO」です。
Img_2213

仕事場では三菱の「Hi-Uni」を使っていますが、字だけでなく図やグラフなども書いたりする家では「HI・POLYMER FOR PRO」を使っています。
シャープペンシルの芯も色々使ってみましたが、今のところこの「HI・POLYMER FOR PRO」が安定していて最高の芯だと思っています。

次に必要なもの。当然消しゴムです。
一字程度を消すなら前回書いたように、フィットカーブについている消しゴムで十分です。
しかし「きちんと」消したい場合にはやはり専用の道具、つまり消しゴムが必要になってきます。
私が色々試した結果、一番だと思う消しゴムは「フォームイレーザー」です。
Img_2221

写真は買いだめしている新品のものです。
これはサクラクレパスが出しているラビットのフォームイレーザーWというシリーズのもので、調べてみたところ中身が同じで違う名前の製品がたくさんあるようです。
(PILOTのFORM ERASERや小学生学習字消しなど)
この消しゴムは、ゴシゴシこすらなくてもよく字が消えて、消しくずもまとまりがいいです。

消しくずといえば、最後にちょっとした道具を。
Img_2222

これは消しくずを集めたり掃いたりする羽です。
必ず必要かというとそうでもないのですが、やはり手ではらうのとは全然違います。
よく消しゴムを使うのであれば持っていて損はない道具でしょう。

« フィットカーブ | トップページ | ストライダー »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384883/39303809

この記事へのトラックバック一覧です: シャープペンシルの周り:

« フィットカーブ | トップページ | ストライダー »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック