« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月27日 (日)

ストライダー

もうすぐ娘が2歳になるため誕生日プレゼントを買いました。
「ストライダー」というものです。
http://www.strider.jp/

普通日本では、まだ自転車に乗れない年齢の子は三輪車に乗ることが多いと思います。
しかし本当は三輪車から自転車へのステップアップは効率的ではないようです。
三輪車では「ハンドルをきる」ことで曲がりますが自転車は「車体を傾ける」ことで曲がります。
また、補助輪のない自転車はスピードに乗ることで車体が安定しますが、ストライダーには補助輪もないため安定するにはある程度のスピードが必要です。
ペダルがないため、自分の足で地面を蹴って進むストライダーは、小走り程度の走りができる子なら乗れるのではないでしょうか。
これで練習して自転車へスムーズに移行できればと思います。

Img_2275

ストライダーの重さは3キロ程度なので、普通に店で買って手で持って帰りました。
箱もコンパクトで持ちやすいです。

Img_2277

箱には分解された状態で入っているのでコンパクトなようです。

Img_2279

中身は
・後輪とフレーム
・前輪
・ハンドル
・サドル
・説明書と工具
でした。
組み立ては簡単で10分もかからない程度です。

Img_2280

明日は早速練習させようと思います。

2011年3月21日 (月)

シャープペンシルの周り

前回、愛用しているシャープペンシルとしてコクヨの「フィットカーブ」について述べましたが、今回は主役のシャープペンシルを引き立てる脇役達について書きたいと思います。
まずはこれがないとシャープペンシルの意味がない「芯」についてです。
私が現在一番つかっているシャープペンシルの芯はぺんてるの「HI・POLYMER FOR PRO」です。
Img_2213

仕事場では三菱の「Hi-Uni」を使っていますが、字だけでなく図やグラフなども書いたりする家では「HI・POLYMER FOR PRO」を使っています。
シャープペンシルの芯も色々使ってみましたが、今のところこの「HI・POLYMER FOR PRO」が安定していて最高の芯だと思っています。

次に必要なもの。当然消しゴムです。
一字程度を消すなら前回書いたように、フィットカーブについている消しゴムで十分です。
しかし「きちんと」消したい場合にはやはり専用の道具、つまり消しゴムが必要になってきます。
私が色々試した結果、一番だと思う消しゴムは「フォームイレーザー」です。
Img_2221

写真は買いだめしている新品のものです。
これはサクラクレパスが出しているラビットのフォームイレーザーWというシリーズのもので、調べてみたところ中身が同じで違う名前の製品がたくさんあるようです。
(PILOTのFORM ERASERや小学生学習字消しなど)
この消しゴムは、ゴシゴシこすらなくてもよく字が消えて、消しくずもまとまりがいいです。

消しくずといえば、最後にちょっとした道具を。
Img_2222

これは消しくずを集めたり掃いたりする羽です。
必ず必要かというとそうでもないのですが、やはり手ではらうのとは全然違います。
よく消しゴムを使うのであれば持っていて損はない道具でしょう。

2011年3月13日 (日)

フィットカーブ

今回は自分が愛用しているシャープペンシルについて書きたいと思います。

正直言って、私は文房具が好きです。
特に好きなのはノートなんですが、シャープペンシル、ボールペン、消しゴムなんかも好きです。
その中でも一番よく使うのはシャープペンシルです。
きちんとした書類なんかは当然、油性ボールペンを使いますが、勉強などをするときはシャープペンシルを使います。
実際今まで、いろんなシャープペンシルを使ってきましたが、私が現在使用しているシャープペンシルはコクヨの「フィットカーブ」というものです。

Img_2209

はっきり言ってこのシャープペンシル、書き心地が抜群です。
この世の全てのシャープペンシルを使ったわけではないので断言はできませんが、今あるシャープペンシルで一番の書き心地ではないでしょうか。
人間工学を謳ってるのに重すぎて疲れるものもありますが、このフィットカーブは程よい重さ、程よい太さで長時間書いても疲れにくいです。
この書き心地の良さに比べたらおまけみたいなものですが、他にも細かな「こだわり」がいくつもあります。

・消しゴムが実用的
シャープペンシルのお尻に消しゴムがついているのは昔からよくありますが、あまり消えなかったり、小さすぎて使いにくかったりしてました。
このフィットカーブはリップを出すようにお尻部分を回すと使いやすい太さの良く消える消しゴムが出てきます。
Img_2212

ほんのちょっと書き間違えた時はこれで十分です。
(ちなみにフィットカーブ用の「替え消しゴム」もあります)

・芯が残り1ミリまで使える
普通のシャープペンシルは芯が1センチくらいになると使えなくなるんですが、フィットカーブは残り1ミリ程度まで使い切ることができます。
これはケチ臭い話とかではなくて、1ミリ程度の芯だとゴミとして扱いやすいということでもあります。
個人的な感覚にもよりますが、私の場合使えなくなった1センチ程度の芯は「ゴミとしてやっかい」と思ってしまいます。
それが1ミリくらいの芯だと消しゴムのカスと同じ感覚のゴミとして扱える感じです。

・芯が入れやすい
なんだそれと思われるかもしれませんが、この快感は使った人しかわからないかもしれません。
私の場合は5~6本程度の芯をバッと入れますが、慣れれば目をつむっても一度に入れれそうです。
それくらい芯の入れ口が広いです。
実際に芯が入ってるところは細いのですが漏斗のように広い入れ口から細い所に芯が流れるため、気にせずバッと入れることができます。

・値段が安い
300円です。(消費税込みで315円)
どんなにいいシャープペンシルでも気軽に買えないくらい高いものは要りません。
所詮シャープペンシルなんですから。

色々とフィットカーブの良いところを書きましたが、実は致命的な欠点が一つあります。
それは

店頭ではめったに売っていない

ということです。
全国的にかどうかはわかりませんが、私の住んでるところではほとんど壊滅状態でした。
1件だけ最後の1本が売ってるところもあったのですが、非常に汚れていて、店員さんが汚れを一生懸命消しゴムでとろうとしていたので「もういいです」と購入を断念しました。
送料さえ気にならないのなら、ネットで簡単に手に入ります。

疲れない、書き心地のいいシャープペンシルを探している人はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック