« モーフィーのチェス | トップページ | ザ・フェイマスグラウス »

2011年1月30日 (日)

きよすし

今日は、行きつけの寿司屋に行ってきましたので、記事にしたいと思います。
本来、グルメネタなんてのは最もメジャーなブログカテゴリなんで、このブログの趣旨からは外れるのですが、インターネットで検索してもこの店の情報はないようなので、あえて紹介しようと思います。
場所は大阪、天神橋筋五丁目のへん。
ただし、商店街からは少し離れたマイナーな場所にあります。
店の名前は「きよすし」です。
Img_2006

天五のあたりは寿司激戦区で、寿司が好きな私はかなり寿司屋を回りました。
有名なのは「春駒」や「奴寿司」、「すし政」あたりでしょうが、個人的には「きよすし」が一番のお気に入りです。
また、ここの大将は気さくで楽しい人です。
あえて難を言えばカウンター8席だけの小さな店なので、何人も引き連れて行くのは難しいということくらいでしょうか。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日は寒かったので、まずは熱燗を注文しました。
Img_1993

いつも最初は「造り盛り」を頼むので、何も言わなかったら大将が「造り盛り?」と聞いてきます。
Img_1997

今日の盛りは、ヒラメ、きずし、太刀魚、甘エビ、ぶり、サーモンでした。
造り盛りを食べてる間に熱燗がなくなったので、ひれ酒を頼みました。
Img_1998

炙ったひれに熱々の酒を注ぎ、ふたをしてくれるので、しばらく置いときます。

Img_2000

酒にしっかり香味がうつっています。
この後、二杯つぎ酒をしました。

Img_1999

白子。
注文してから湯引きしてしてくれます。
醤油をつけずにそのままいただきます。

Img_2001

赤貝。
目の前で見事な手つきで貝から身を取り出し、さばいてくれます。(プロなんで当たり前ですが)

Img_2002

イクラとウニ。
寿司を食べに行ったら、このネタは外せません。

Img_2003

うなぎ。
注文してから軽く炙ってくれます。香ばしさがたまりません。
うなぎは大好物なので、何回も注文することもあります。

Img_2004

玉子とトロ。
店に電話があり、ご家族連れの方が来店されるらしいので、この辺でお勘定を。
こんだけ飲み食いして5千円かかりませんでした。

この店でメニューを見て注文したことはないのですが、多分メニューにはないネタがショーケースに所狭しと並べられています。
実際に常連さんは「酢ガキ!」ってメニューにはない品を頼んでいました。
私も春ごろに筍の煮物とか食べた記憶があります。
この店を堪能するにはメニューに頼らず、ショーケースにどんなネタがあるのか探したり、大将に何があるのか(それも寿司ネタにこだわらず)聞いてみるのがいいと思います。

« モーフィーのチェス | トップページ | ザ・フェイマスグラウス »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384883/38672457

この記事へのトラックバック一覧です: きよすし:

« モーフィーのチェス | トップページ | ザ・フェイマスグラウス »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック