« 日本語の入力について2 | トップページ | 日本語の入力について4 »

2010年7月10日 (土)

日本語の入力について3

前回までで、メジャーな日本語の入力法を3つと少しマイナーな入力法を4つ紹介しました。
それらを大きく分類すると。

ローマ字入力
 ・QWERTYローマ字
 ・AZIK

かな入力
 ・JISかな
 ・NICOLA
 ・新JISかな
 ・花
 ・月

というふうになります。
今回は上記でいう「かな入力」について総括的に分類し、前回触れた「中指シフト」について解説したいと思います。
ちなみに、ローマ字入力についてはさらに拡大した「行段系」という分類がありますが、今回は触れません。
それでは「かな入力」についてですが、分類の仕方はズバリ「シフトの方法」です。
まずみなさんがご存知の「小指シフト」
これは普通にシフトキーを押して行うシフトです。
次に「親指シフト」
これは基本は専用のキーボードを使うのですが、普通のキーボードを使っている人もいます。
その場合は変換キーや無変換キーをシフトキーに割り当てる人が多いみたいです。
また、SandSと言われる、スペースキーをシフトキーにする人もいます。
これは意見の分かれるところだと思いますが、親指を使うので親指シフトに分類してもいいかもしれません。
最後に「中指シフト」
これは基本的にはホームポジションの中指のキー、つまりQWERTY配列の場合「D」と「K」のキーをシフトとして使います。

大きくは上記の分類でいいのですが、これらの方法とは別にシフトの分類として以下のようなものがあります。

・通常シフト…普通のシフトキーの押しかた。まずシフトキーを押し、シフトキーは押しっぱなしにして他のキーを押し、それらのキーを離します。
・前置(プレフィックス)シフト…特に中指シフトで使われる方法で、まずシフトキーを押し、そのシフトキーを離してから他のキーを押します。
・同時シフト…特に親指シフトで使われる方法で、シフトキーと他のキーを同時に打鍵します。

以前紹介したものやそれら以外のものを分類してみると以下のようになります。
(それぞれの配列について解説はしませんので、興味のある方はぜひ調べてみてください。)

小指シフト
 通常シフト…JISかな、新JISかな、ナラコード
親指シフト
 前置シフト…TRON
 同時シフト…NICOLA、小梅、飛鳥
中指シフト
 前置シフト…花、月
 同時シフト…下駄

補足1:TRON配列は前置シフトに分類しましたが、元は同時シフトも前置シフトも可能なようです。
補足2:月配列は派生が多く中指だけでなく薬指もシフトとして使う配列もあります。
補足3:下駄配列は中指だけでなく、多くのキーをシフトキーとして使います。

では、中指シフトについてですが、なんか長くなってしまったので次回に繰り越そうと思います。

« 日本語の入力について2 | トップページ | 日本語の入力について4 »

日本語入力」カテゴリの記事

コメント

 はじめまして、いつも楽しく拝見させていただいております。
 一つだけ気になったところがあり、ご報告させていただきます。

 TRONシステムの実装例である「超漢字V」において、TRONかな配列は「通常シフト」として動作するように設計されています。
 そして、「前置シフト化」と「同時シフト(同時連続シフト)化」については、「超漢字Vシステム」から『小物箱──ユーザー環境設定──キー属性』を変更して、ユーザーが自由に設定を変更できる……というように、TRON環境では「英数&かな配列」と「アクセシビリティ機能」が分離されております。
 #TRONのアクセシビリティ機能は、親指シフトエミュレータ「やまぶき」とほぼ同じ機能を提供します。

 従いまして、TRONかな配列について、特段の注記がなければ「通常シフト」に分類いただくのが、最も実情に近いと考えられます。

かえでさん、コメントありがとうございます。
確かに「実情」を考えた場合「通常シフト」が最も適切だと思います。
ただ、かえでさんがTRON配列にも造詣が深いのは承知の上であえて言わせていただくと、「実情」と坂村教授が本来設計したTRONキーボードにはズレがあると考えています。
たとえば、TRON配列のキーボードは現実的にはμTRONキーボードしか手に入りませんが、坂村教授は「TRONキーボードではない」と言っています。
(ちなみにμTRONのサイトでは基本「同時シフト」として解説しています)
私がなぜTRONを前置シフトに分類したからというと、「障碍者のために1本指でも打鍵できる」という設計があったからです。
本来は同時シフトが主でオプションとして前置シフトだろうとは認識していますが、あえてそこを強調して分類しています。そのため補足で「前置シフトに分類しましたが…」と言い訳をしています。
多少乱暴なのは分かっているのですが、こうしてかえでさんがコメントで指摘してくれたり、興味を持った人が自分で調べることで修正されるのではとも思っています。
といっても、気分が変わって記事を修正するかもしれませんが、今回はとりあえずこのままにしておくつもりです。
あと、話は変わりますが、かえでさんがブログで「いずれにせよ、記事本体・使用配列の両方について、続報に期待中。」なんて書いたから(公開するつもりなかったのに)へんにプレッシャーを感じてるんですけど…wobbly
半濁音と一部の文字以外、TRON配列そのままですよ。あと、下駄配列の拡張を少し取り入れているぐらいです。(と言えばお分かりのように「同時シフト」です)
まー、あまり期待しないでください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384883/35700171

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語の入力について3:

« 日本語の入力について2 | トップページ | 日本語の入力について4 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック